【奄美大島】から甘い完熟たんかんが届きました!空も海も空気もきれい

こんにちは、ふうちゃんです。

奄美大島の息子夫婦から、甘~い完熟のたんかんが届きました。

お嫁さんの伯父さんが作っています。

 

奄美大島(あまみおおしま)

九州南方海上、鹿児島市と沖縄島のほぼ中間に位置。 鹿児島県奄美群島の主要な島

青く透明度の高い海(アマミブルーと称される)や原生林が広がり

大島海峡沿岸や湯湾岳などは奄美群島国立公園の一部

面積: 712.315㎢   最高標高: 694m   

引用-ウィキペディア

奄美大島は、空も海も空気も違う!

 

空はまぶしいくらい透明だし

風がとても爽やか。

 

海は青く透き通って

 

自然がそのまま、手つかずに残っています

 

お嫁さんいわく、奄美には美しい自然があるだけ

観光地化していない奄美の自然を感じて欲しいと。

 

奄美大島のたんかんとは:

平均気温が19℃~22℃位で、湿度が高い地域に育つ柑橘系果物

鹿児島の屋久島、奄美大島、および沖縄で収穫される

オレンジとネーブルの中間

皮は、少し硬いです。

 

早速、たんかんをいただきました。

完熟していて甘くて酸っぱくて・・・美味しい!

 

皮が固いので、ナイフで4等分しました。

気が付いたら、なぜか和歌山の温州ミカンの

食べ方になっていました(;^_^A

 

ビタミンC たっぷり取って

風邪を引きませんようにとの伝言です。

 

有難く、たんかんいただいています。

 

1口食べると、2年前に行った奄美大島を思い出します。

 

あのきれいな空と海と空気を吸って育ったたんかん

感慨深いです。

 

皆さんも、コロナが終息したら、ぜひ奄美大島を訪れてね。

 

ありのままの奄美の自然を満喫してください。