【追突事故】実体験⑤治療が終わるまで保険会社に請求できない!   

こんにちは、ふうちゃんです!

もうすぐ、事故から3ヶ月となり

身体がかなり良くなってきているのを

実感しています。

 

治療が終わるまで保険会社に請求できない!

私の職業に関して必要な書類は

弁護士事務所に提出済みなので

ずっと、治療に専念しています。

 

つまり、私の治療が終わらないと

保険会社に通院交通費、慰謝料や損害等を

請求する事とが出来ません。

 

前回、弁護士さんと保険会社との話し合いで

自賠責保険での治療は

8月3日で終了予定になりました。

 

弁護士事務所の助言により

最後の治療は整形外科で終了するように

言われています。

 

8月3日に整形外科を受診して

自賠責保険での治療を終了する予定です。

治療が終わって、初めて色々な手続きに入ります。

 

今後の手続きと見通し!

私の場合は、弁護士さんを頼んでいますので

病院からの通院証明書なども

弁護士事務所が、本人に代わり取得します。

 

《今後の予定スケジュール》

  1. 8月3日以降に、弁護士事務所が各病院に通院証明書を依頼
  2. 病院の締め日等があり、早くて10月中に弁護士事務所に届く。
  3. 弁護士事務所で書類を作成⇒11月中に保険会社に請求
  4. 双方話し合いの上、年内での合意を目指す。

弁護士事務所の事務担当の方と話したところ

上記が、最速のスケジュールらしい。

 

出来れば年内で片づけたいとの私の意向をくんでの

スケジュールであり、各病院からの書類待ちがあり

年内で終了すれば、かなり早い方だろうと説明されました。

 

交通事故の問題を来年まで持ち越したくないとの

思いがありますが、どうしても譲れない点があれば

長引いても仕方がないと考えています。

 

素人考えで、5月初めの交通事故なので

年内で解決すると、漠然と思っていたので

驚きました。

 

弁護士さんを頼んでない場合は、治療終了後に

自分で各病院から通院証明書を取り寄せ

保険会社の書類に記入して、保険会社に請求することになります。

 

多分、書類一式は保険会社が送ってきます。

その後の交渉なども、自分で保険会社とする必要あり。

 

今回、弁護士さんを頼んでありますが

うるさそうな保険会社の担当者なので

こちらの書類発送後に、何を言ってくるのか

今から、少し緊張してしまいます^^;

 

交渉事は、弁護士さんの担当なので

直接言われないだけ、ましですが

以外に打たれ弱くて、色々言われたら傷つきそうです。

 

もうすぐ治療終了予定の8月3日なのに

まだ、腰が時々痛み

両手の指も3本づつ痺れています。

 

8月3日以降も症状が残る場合は

自分で支払って完全に治るまで

接骨院などに通いたいと思っています。

 

今回、よそ見運転でぶつけた加害者も

正直な良い方でした。

 

でも、仕方がないと思いながらも

今後の治療や痛みなどを考えると

どうしても、事故がなかったらとふっと思ってしまいます。

 

3ヶ月近く経っても

まだ事故前の日常に戻れていません。

 

3ヶ月経って、ようやく事故前の6割~7割ぐらいでしょうか。

事故前って、こんなに色々と動いていたんだと

自分でもびっくりするぐらいです。

 

早く通常の日常に戻りたいというのと

あまり動けなかった3ヶ月の時間が

どうしても、もったいないと思ってしまいます。

 

これから、かかる治療費は自分持ちになりますし

また、寒くなった時、体調が悪い時には

痛むこともあると思います。

 

私なんか軽症で、加害者が分かっていての話です。

これが相手に逃げられたり

態度が悪い人だったりしたら

いかばかりかと思う、今日この頃です。

 

車の運転、お互いに気を付けましょう。