家庭円満や金運アップしたいならトイレを綺麗に!暑い夏でも爽やかに

こんにちは! ふうちゃんです。

知人からトイレには神様がいる!お掃除をしている人に運が付く!幸せが訪れるのよ!と教わった。

それ以来、毎日のトイレ掃除が欠かせません。

知人の言葉が、家族は誰もしないトイレ掃除を、何故に私だけが毎日しないといけないのか!という気持ちを180度変えてくれました。

 

家庭円満や金運アップしたいならトイレを綺麗に

家族円満と金運アップするならば、嫌だったトイレ掃除が楽しくなりました。

ずぼら掃除だけど、毎日しているとラッキーな気持ちになり、自分だけ得をした気分にすらなります。

 

トイレの神様のお名前は:

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)といいます。

炎の神であり、この世の一切の汚れをを焼き尽くす功徳を持つと言われています。

仏教では「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、心の浄化はもとより日々の生活に起因するあらゆる不浄を清める功徳があると言われています。

 

トイレを清潔に保てば、家庭円満、金運などにご利益があると言われています。

 

いい事、楽しいことは、信じて実行した方が素敵と考えています。

 

どうせ、毎日するトイレの掃除です。

ご利益があると思って掃除した方が、毎日が楽しくなります。

 

毎日、そう思ってトイレ掃除をしていたら、トイレ掃除が苦にならなくなりました。

 

その後に、皆さんもご存知の植村花菜さんのトイレの神様が大ヒットしました。

トイレの神様の歌を歌いながら、トイレ掃除なんていかがですか。

おススメです。

 

暑い夏でも爽やかに

一口に、トイレ掃除と言っても色々とあります。

毎日のズボラ掃除、週1回の掃除、年2回の大掃除、私が勝手に決めている年間計画です。

 

毎日のズボラ掃除

毎日しているので、スローガンは時間をかけない、手間をかけない、3分以内には終了です。

毎日やるからこそ、短時間で済みます。

 

私がやっている毎日のトイレ掃除

  • 便蓋の表と裏をトイレ用の中性洗剤で拭きます
  • 便座の表と裏を同じ中性洗剤で拭きます
  • シャワートイレの先端部分に中性洗剤をスプレーして拭きます
  • 便器の淵回りにも、中性洗剤をスプレーして拭きます
  • 便器内はコーティング用中性洗剤をスプレーします
  • 床も同じ中性洗剤で拭きます

 

毎日やれば、あっという間におしまい!

 

*基本的に洗剤は、トイレマジックリン、ツヤツヤコートプラス(中性洗剤)というものを使っているので、上記で言う洗剤は1種類です。

**洗剤で拭く場合は、トイレットペーパーに洗剤をスプレーして拭いています。

使用後、便器内にポイと捨てられるので、コロナ対策としても万全です。

勿体ないより安全重視です。

 

コロナ対策を考えた時、トイレ掃除は、とても重要です。

トイレで使用した雑巾などは、他の場所で使用しない事、出来れば、最後にトイレで使用して処分が望ましいと思います。

 

毎日のトイレ掃除のポイント

気づきにくい場所や、汚れが溜まると掃除に時間がかかる場所は、必ず毎日チェックしてお掃除します。

  1. 便座の裏:女性が便座を持ち上げる事はないので、必ずチェック。
  2. 便器内の淵回り:汚れが溜まると、お掃除するのに時間がかかる所なので、必ず毎日お掃除。

 

便器内の淵回りの汚れを楽にお掃除する方法

トイレ掃除では、よく便器内の淵回りの汚れが取れないと耳にします。

ブログを見に来てくれた皆さんにだけ、裏技をお教えします。

 

  1. 洗剤は、*サンポール(酸性)混ぜるな危険を使います。塩素系洗剤(漂白剤など)と混ぜないこと。
  2. 便器内の淵回りにまんべんなく、サンポールをかけます。
  3. ペーパータオルで淵回りを湿布して、さらにペーパータオルにも、サンポールをかける
  4. ペーパータオルの上にラップをかけて、そのまま1時間おきます
  5. 1時間後、ペーパータオル、ラップは、流さずにビニール袋などに入れて捨てます。
  6. トイレ用ブラシや歯ブラシでこすり、汚れを落とします。

 

サンポール(まぜるな危険

酸性の洗剤なので、絶対に塩素系洗剤(漂白剤など)と混ぜない事。混ぜると有毒なガスが発生して危険です。

 

 Point 

 

こびりついた汚れなどは、いきなりこすらない!

*洗剤が浸透して力を最大限に発揮するまで待つ

 

 

もうすぐ本格的な夏の到来です。

トイレ掃除をして、すっきり爽やかに夏を迎えたいですね。

 

家庭円満や金運アップしたいならトイレを綺麗にまとめ

文章を読んでみると、難しそうだったり、面倒に思える事でも、やってみると案外簡単だったりします。

元来、ズボラなので、いつも楽にできる方法を考えます。

気に入った部分だけを取り入れて、あなただけのやり方を見つけて下さいね。

 

皆さんの参考になれば、うれしいです。